• 新4K8K衛星放送
  • 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

A-PABの4K8K BS試験放送終了 ~ 12月1日に向けて周知広報本格化

一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)はBSの4K8K試験放送を7月23日14時に終了し、試験放送の実績や12月1日の本放送開始までの周知広報計画を公表しました。

試験放送最終日のA-PABの放送時間は13時から14時で、終了直前の3分間は「試験放送終了」のテロップを出しました。

【放送終了のテロップを挟んで総務省情報流通行政局 山田真貴子局長(左)とA-PAB 福田俊男理事長(右)】

試験放送終了に際してA-PABは記者懇談会を開き、福田理事長は次のように述べました。
「本日、試験放送が14時で終了しますが、実は終わりではなく12月1日に向けていよいよ本腰を入れて改めてキックオフする日と考えています。試験放送の終了によってBS17チャンネルが空きますと、それを本放送に使うという意味で環境整備は整えられることになります。さる6月1日には新4K8K衛星放送開始半年前セレモニーを開催し、放送事業者の代表の方々には意気込みを示して頂きました。またその前後からメーカーさんには4Kチューナー内蔵テレビを発売する意向を表明して頂き、具体的に発売計画の日程を明らかにしたメーカーさんもあります。いよいよ本番に向けて、全体が動き出していると言えるでしょう。これまでのところ、2年後の4Kチューナー内蔵テレビの普及を50数%と見込んでいます。これは相当厳しい数字ですが、オリンピック・パラリンピックがありますので、加速度的に受信機の普及が進んでいくのではないかと思っています。本日は記者懇談会ではありますが、これから12月1日の本番に向けてわたしどもの決意表明の機会でもあります。多数の記者の方々にお集まりいただきました。情報発信の方も徐々にヒートアップして行く、その第一歩と考えております」

【A-PAB 福田理事長】

また、総務省情報流通行政局の山田真貴子局長は次のように述べました。
「1年半の試験放送でA-PABは実用放送に対する知見を蓄積されました。新しい放送を受信するためにはチューナー等が必要であるとか、アンテナ交換が必要な場合もあります。また一部のメーカーさんが4Kチューナー内蔵テレビを発売するなど、今後色々なテレビが混在することになります。国民視聴者に混乱が生じないように周知広報をしていただくことを期待しています。充実したコンテンツの提供ということでも関係者の取り組みに期待しています。総務省としても電波漏洩対策の支援などに取り組んで参ります。」

【総務省情報流通行政局 山田局長】

続いて、BS試験放送実施本部の重森万紀事務局長より以下の説明が行われました。

  • BSによる4K・8K試験放送は2016年12月1日から、NHKと時間分割で1日1時間行い、2018年7月23日14時に終了した。
  • 試験放送を通じて4K・8K番組制作技能の向上、送出機器の機能検証、放送方式や送受信信号の検証等を行い、多くの知見を得た。
  • 番組を提供したのは、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、WOWOW、東北新社の8社であり、106タイトル、1135時間40分にわたり実施された。
  • 試験放送は、一部のケーブルテレビでの再放送、CEATEC、Inter BEE、ケーブル技術ショー、NHK放送センター、全国のNHK各放送局等で放送され、約45万人が視聴した。
  • 放送を介さずに受信機等の機能を技術検証するためのテストストリームを370本作成し、受信機器メーカー約50社に配布、受信機器開発に貢献した。

【A-PAB BS試験放送実施本部 重森万紀事務局長】

次に、A-PAB土屋円専務理事より本放送開始までの周知広報について説明が行われました。

  • 4K8K推進キャラクターの深田恭子さん出演のテレビスポット(15秒版、5秒版)を作成し8月より認定放送事業者により放送される。このスポットは現在量販店等で上映している深田恭子さんのPR動画をリメイクしたもの。
  • 12月から放送する各社のイチオシ番組を掲載した番組ガイドを作成し11月より量販店等の店頭で配布する。
  • 番組ガイドの動画バージョンを作成し、同様に11月より量販店などで上映する。
  • 10月中旬のCEATECにJEITAと共同出展し、番組情報とチューナー内蔵テレビをPRする。11月中旬のInter BEEでも同様のPR活動を行う。
  • パブリックスペースを活用したNHKや各地の総務省総合通信局関連のイベントに共同で出展し新放送のPRを展開する。
  • A-PABホームページに最新情報を掲載し、放送開始までのカウントダウンを表示する。
  • 節目を捉えて記者懇談会を開催、放送現場のプレスツアーを検討する。
  • 新4K8K衛星放送に関する市場調査を継続する。

【A-PAB 土屋専務理事】