• 新4K8K衛星放送体感キャンペーン
  • 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

A-PAB 110度CS左旋試験放送の認定受ける

総務省は1月24日、A-PABに対し東経110度CSの左旋円偏波による試験放送業務を認定しました。
この日の午後総務省内で高市総務大臣より福田俊男理事長に認定証が手渡され、A-PABはCS左旋の試験放送を行うことを正式に認められました。

また、BSおよび110度CSによる4K・8K実用放送を行うことを申請していた衛星基幹放送事業者に対しても同様に認定証が交付されました。各放送事業者は2018年12月以降実用放送を開始する予定です。
実用放送を認定された衛星基幹放送事業者は以下のとおりです。

ビーエス朝日、BSジャパン、BS−TBS、BS日本、ビーエスフジ、NHK(4K)(以上BS右旋)
SCサテライト放送、QVCサテライト、東北新社、WOWOW、NHK(8K)(以上BS左旋)
スカパー・エンターテインメント(CS左旋)