• 新4K8K衛星放送
  • 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

「新4K8K衛星放送」に関するよくある質問(Q&A集)

A-PABでは、視聴者のみなさまからの4K・8Kに関するさまざまなご相談にお応えしています。 このコーナーでは、視聴者のみなさまのご質問にお答えし、4K・8Kについて正しく理解し、4K・8Kを楽しんでいただくことを目的としています。
本掲載内容は、2018年12月時点での情報に基いています。

新4K8K衛星放送について

Q
新4K8K衛星放送の魅力はなんですか?
Q
新4K8K衛星放送では、どんなチャンネルが放送されていますか?
Q
放送内容はこれまでのBSと違う編成になるのでしょうか?4K独自の番組が放送されるのですか?
Q
今までの放送は見られなくなるのですか?
Q
新4K8K衛星放送では、どのような音声が楽しめるのですか?

視聴方法について

Q
新4K8K衛星放送を見るにはどうすれば良いですか?
Q
新4K8K衛星放送を受信するためには、アンテナを交換する必要があるのですか?
Q
新4K8K衛星放送を受信するためには、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等の交換も必要になるのですか?
Q
BS・110度CSアンテナを交換せずに見ることができる4K・8K放送はありますか?
Q
集合住宅に住んでいます。どうやったら、新4K8K衛星放送の全てのチャンネルを楽しめますか?
Q
新4K8K衛星放送に対応している機器かどうか、カタログや店頭で見分けるにはどうしたらよいですか?
Q
ケーブルテレビや光回線サービスで、新4K8K衛星放送を見ることができますか?

受信機(4Kテレビ、4Kチューナーなど)について

Q
BS・110度CSの4K放送の番組は、ハイビジョンテレビで視聴できますか?
Q
BS・110度CSの4Kチャンネル、8Kチャンネルを、リモコンで選局するにはどうしたらよいですか?

録画について

Q
BS・110度CSの4K・8K放送対応のハードディスクレコーダーなどの録画機の発売はありますか?また、ブルーレイディスクなどにコピーできますか?
Q
BS・110度CSの4K・8Kでは録画できない放送があるのですか?
Q
新4K8K衛星放送チューナー内蔵レコーダーでは、4K放送は何時間くらい録画できますか?

電波漏洩対策について

Q
BSの電波が漏洩するとはどういうことですか?
Q
BS左旋帯域の電波が漏れると、何に、どう影響があるのですか?
Q
BS左旋帯域の電波が漏れないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?
Q
BS左旋の放送への電波干渉があると聞きましたが、どういうことですか?
Q
電波の漏洩や外からの妨害について詳しく知りたいのですが、どこに問いあわせれば良いのでしょうか?

電波漏洩対策の助成金制度について

Q
助成金が出ると聞きましたが、どういう制度でしょうか?
Q
電波が漏洩してしまう機器はどうやってわかるのでしょうか?
Q
電波が漏れないように工事をしてもらいましたが、後から助成金を申請して対策費用をもらうことは出来ますか?
Q
助成金はどのくらいいただけるのでしょうか?
Q
電波漏洩対策や助成金制度について詳しく聞きたいのですが?

新4K8K衛星放送について

Q
新4K8K衛星放送の魅力はなんですか?
A

「超高精細」な映像が挙げられます。4Kは現在のフルハイビジョン(2K)に比べて4倍の画素数(約830万画素)、8Kは16倍の画素数(約3,300万画素)で構成されています。
4K・8Kテレビは、近づいて見ても映像(画素)の粗さが気にならないので、視野が広がり、圧倒的な臨場感をお楽しみいただけます。
また、今回のBS・110度CSの新4K8K衛星放送では、HDR(ハイダイナミックレンジ)のサービスが実施され、表現できる明暗の幅(ダイナミックレンジ)が広がり、今まで以上の輝きや、明るいシーンから暗いシーンにいたるまで、より豊かな映像表現ができるようになります。そして、色域が拡がることで、自然で鮮やかな色の表現が可能になります。
さらには、映像の階調(グラデーション)表現もきめ細かくなりますし、1秒間に送信する映像をインターレースからプログレッシブに変更できるため、ブレが少ない映像を楽しむことが可能になります。
また、8K放送では、22.2チャンネルの立体音響も可能になっています。

Q
新4K8K衛星放送では、どんなチャンネルが放送されていますか?
A

詳細はこちらをご覧ください。

Q
放送内容はこれまでのBSと違う編成になるのでしょうか?4K独自の番組が放送されるのですか?
A

放送内容については、各放送事業者にお問い合わせください。

Q
今までの放送は見られなくなるのですか?
A

総務省の計画では2K・4K・8Kが視聴者のニーズに応じて併存することを前提としており、地デジ・BS・110度CSの現行放送(2K)は、引き続きご覧いただくことができます。

Q
新4K8K衛星放送では、どのような音声が楽しめるのですか?
A

新4K8K衛星放送では、ステレオ、5.1チャンネル、7.1チャンネル、22.2チャンネルの音声が放送できるようになっています。
具体的に、どのような番組でどのような音声が提供されるかは、各放送事業者にお問い合わせください。

視聴方法について

Q
新4K8K衛星放送を見るにはどうすれば良いですか?
A

新4K8K衛星放送対応の4Kチューナー内蔵テレビ、または4K対応テレビ(※1)に、新4K8K衛星放送に対応した4Kチューナーを接続(※2、3)することで、お楽しみいただけます。

なお、BS右旋で放送される4K放送は、従来のBS放送と同じ電波・周波数を使うため、現在のアンテナや配線等を交換せず、視聴できますが、安定して視聴するには、受信設備を確認することをお勧めします。全ての新4K8K衛星放送をお楽しみいただくには、右旋・左旋対応のアンテナへの交換のほか、お使いの分配器、分波器、ブースター等も対応機器へ交換する必要があります。
※1:4K対応テレビには、新4K8K衛星放送対応のチューナー(受信機能)は搭載されていません。
※2:HIGH SPEED(カテゴリー2)に対応したハイスピードHDMIケーブルを使用してください。
※3:HDMI端子はHDCP 2.2と4K 60Hz入力に対応している必要があります。

Q
新4K8K衛星放送を受信するためには、アンテナを交換する必要があるのですか?
A

従来のBS・110度CSアンテナは、右旋放送のみに対応しています。そのため、BS右旋で放送される4K放送は受信できますが、BS・110度CSの左旋で放送される4K・8K放送は受信できません。
このため、全ての新4K8K衛星放送をお楽しみいただくには、右旋・左旋対応のアンテナに交換する必要があります。
交換にあたりBS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応したSHマーク登録品が販売されておりますので、そちらの製品を推奨いたします。

Q
新4K8K衛星放送を受信するためには、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等の交換も必要になるのですか?
A

衛星の電波は、アンテナで中間周波数(IF)に変換されて、受信機に伝送されます。左旋のIFは右旋のIFより高い周波数帯を使用するため、受信することができません。全ての新4K8K衛星放送をお楽しみいただくには、お使いの分配器、分波器、ブースターを対応機器へ交換する必要があります。
交換にあたりBS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応したSHマーク登録品が販売されておりますので、そちらの製品を推奨いたします。
なお、ご使用のケーブルによっては伝送できない場合があり、交換していただくことが必要になる場合があります。

Q
BS・110度CSアンテナを交換せずに見ることができる4K・8K放送はありますか?
A

NHK、(株)BS日本、(株)ビーエス朝日、(株)BS-TBS、(株)BSテレビ東京、(株)ビーエスフジの4K放送は、現在のBSと同じ右旋円偏波で放送されるため、現在お使いのBSアンテナのまま見ることができます。
※1:現在放送されているBSの全てのチャンネルを受信できていないなどの場合は、機器等の交換が必要になる場合があります。
※2:㈱BS日本は2018年9月1日放送開始予定。

Q
集合住宅に住んでいます。どうやったら、新4K8K衛星放送の全てのチャンネルを楽しめますか?
A

既設の共同受信用の衛星アンテナ(BS・110度CSアンテナ)が、右旋放送のみに対応している場合は、BS右旋で放送される4K放送は受信できますが、BS・110度CSの左旋で放送される4K・8K放送は受信できません。更に、衛星アンテナから出力されるBS・110度CSの左旋の周波数(IF:中間周波数)は、これまでの右旋のIFより高い周波数帯を使用するため、全ての放送をお楽しみいただくには、既設の伝送機器では、受信できない場合があります。
視聴形態により以下の対応が必要です。

  1. アパート、マンション等の集合住宅で、共同受信(屋上に受信アンテナを設置)で視聴されている場合は、共同受信設備(BS・110度CSアンテナ、ブースター、分岐器、分配器、テレビ端子)、並びにご家庭で使用している、分配器、分波器などを4K・8K衛星放送対応機器へ交換する必要があります。
    なお、ご使用のケーブルによっては伝送できない場合があるため調査が必要です。調査、改修については集合住宅のオーナー様か管理組合等にご相談ください。
  2. ケーブルテレビ又は光回線サービスでご視聴されているご家庭は、契約している事業者にご相談ください。
  3. 個別に南向きのベランダ等に衛星アンテナを設置して視聴している場合は、BS・110度CS右旋・左旋対応のアンテナに加え、お使いの分配器、分波器、ブースター等を対応機器へ交換する必要があります。
    交換にあたりBS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応したSHマーク登録品を推奨いたします。
    視聴形態別による詳細な視聴方法については衛星アンテナもしくはテレビ等の販売店にご相談ください。
Q
新4K8K衛星放送に対応している機器かどうか、カタログや店頭で見分けるにはどうしたらよいですか?
A

新4K8K衛星放送の受信機能を表すロゴマークがあります(商標登録出願中)。
カタログや店頭での商品選択の際に、BS4K・110度CS4K・BS8Kの各放送に対応している機器かどうか確認するにはこのロゴを目印にするか、販売員等に確認・相談してください。

Q
ケーブルテレビや光回線サービスで、新4K8K衛星放送を見ることができますか?
A

ケーブルテレビや光回線サービスでも新4K8K衛星放送が視聴できます。
お住まいの地域の事業者によっては、市販の4K・8K放送のチューナーやその機能を内蔵したテレビ、または専用のSTB(セットトップボックス)が必要になります。 詳しくは、ご契約の事業者からの案内をご確認ください。

受信機(4Kテレビ、4Kチューナーなど)について

Q
BS・110度CSの4K放送の番組は、ハイビジョンテレビで視聴できますか?
A

BS・110度CSの4K放送はハイビジョン放送とは異なった方式で放送されます。ハイビジョンテレビには受信機能が搭載されておらず、そのままでは視聴できません。
新4K8K衛星放送に対応した4Kチューナーにはハイビジョンテレビに接続できるものがあり、それを追加することで視聴できます。ただし、画質は4Kではなく、ハイビジョンテレビ画質です。

Q
BS・110度CSの4Kチャンネル、8Kチャンネルを、リモコンで選局するにはどうしたらよいですか?
A

新4K8K衛星放送の受信機能を有する受信機のリモコンには、「地上」「BS」「CS」ボタンに加え、ボタンが搭載されています。

■メディア選択ボタンの例
4Kテレビ:「4K」
8Kテレビ:「4K/8K」

このボタンを押した後に、番組に割り当てられたリモコン番号/チャンネル番号を押すか、チャンネルアップダウンボタンを押すことで選局できます。
また、新4K8K衛星放送の番組表(EPG)を表示させ、現在放送中の見たい番組を選択することでも選局できます。

録画について

Q
BS・110度CSの4K・8K放送対応のハードディスクレコーダーなどの録画機の発売はありますか?また、ブルーレイディスクなどにコピーできますか?
A

2018年12月現在、新4K8K衛星放送チューナー内蔵レコーダーが一部メーカーより発売されております。ハードディスクに録画した新4K衛星放送の番組は、4K画質のままブルーレイディスクにダビングして残せます。ただし、コピーワンスの番組は、ムーブ(移動)になり、ハードディスク内のデータは削除されます。
録画した4K番組は、異なるメーカーの機器では再生できない場合があります。また、通常(4K非対応)のBDレコーダーやプレーヤーでは再生できません。

Q
BS・110度CSの4K・8Kでは録画できない放送があるのですか?
A

録画禁止の番組は録画できません。詳しくは各放送事業者にお問い合わせください。

Q
新4K8K衛星放送チューナー内蔵レコーダーでは、4K放送は何時間くらい録画できますか?
A

映像・音声のデータの量や録画するモード(録画の画質)にもよりますが、現在発売されている機種では目安として、2TBで130時間、4TBで260時間の録画が可能であるとアナウンスされています。

電波漏洩対策について

Q
BSの電波が漏洩するとはどういうことですか?
A

新4K8K衛星放送で用いる左旋のIF(中間周波数)信号は、2224MHz~3224MHzの周波数帯を使用し同軸ケーブルに伝送します。
この左旋のIF信号は、同軸ケーブルで伝送されることを想定して周波数を決めていますが、一部の古いタイプの増幅器や分岐・分配器、直列ユニットなどの機器には、「直付け」と呼ばれる同軸ケーブルの芯線等を露出させて取り付けるタイプのものが存在しています。
こうした、同軸ケーブルの露出部分から左旋の周波数帯の電波が漏れる(この現象のことをIF(中間周波数)の電波漏洩と呼んでいます)と、他の無線通信への電波干渉が発生する可能性があります。

Q
BS左旋帯域の電波が漏れると、何に、どう影響があるのですか?
A

左旋帯域で使用するIF(中間周波数)と同じ帯域の無線通信は、無線LAN、ブロードバンドワイヤレスアクセスなどに利用されています。こうした無線機器に衛星放送の左旋のIF信号が干渉すると、無線通信のエラー、通信速度の低下、回線がつながりにくくなるなどの影響が出る可能性があります。

Q
BS左旋帯域の電波が漏れないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?
A

同軸ケーブルの芯線が露出して接続されている箇所から電波が漏れることがわかっています。このため、電波の漏洩を抑えるためには同軸ケーブルの接続箇所にF型コネクターと呼ばれるものを使用して接続することが必要になります。
左旋の2224MHz~3224MHzまでを伝送するように設計された機器では、このF型コネクター等を利用して同軸ケーブルを接続するようになっていますので、このような機器を用いた上、電波の漏れない確実な施工が必要です。
なお、新設・交換にあたり新4K8K衛星放送の受信帯域に対応し、電波漏洩もしないことを示すシンボルマークである「SHマーク」が付いている機器もありますので、こうした機器を使用する事が必要です。

Q
BS左旋の放送への電波干渉があると聞きましたが、どういうことですか?
A

漏洩で他の無線へ干渉することとは逆に、2400MHz帯の電波を利用している「電子レンジ」等から、同軸ケーブルの接続部分が露出している部分から漏れ込んで、BS左旋の放送が影響を受ける(新4K8K衛星放送が映らない)可能性があります。
このため、同軸ケーブルの芯線が露出している接続部分は、他の無線へ干渉を起こすばかりでは無く、電子レンジ等からの干渉を受けることもありますので、露出部分が無いようF型コネクター等を利用した施工を行うことが必要です。

Q
電波の漏洩や外からの妨害について詳しく知りたいのですが、どこに問いあわせれば良いのでしょうか?
A

詳しくお聞きになりたい場合は、
電波漏洩対策コールセンター 0570-048-068
(土日祝日、12月29日~1月3日はお休み)へお問い合わせください。

電波漏洩対策の助成金制度について

Q
助成金が出ると聞きましたが、どういう制度でしょうか?
A

新4K8K衛星放送の左旋の受信を行う場合、旧規格の機器や旧製品にそのままで伝送すると、漏洩した2.2GHz~3.2GHzの中間周波数帯が他の無線通信と干渉することがあります。この電波漏洩する機器を改修(交換)する費用の一部を国が助成する制度です。電波漏洩する機器は、A-PABのホームページに掲載されています。これらの機器(助成金交付対象機器リストに掲載の機器だけ)が助成の対象になります。
また、電波の漏れない確実な施工を実施していただくため、電気工事を行う業者は、A-PABに登録を行っていただきます。詳しくはA-PABのホームページをご覧ください。
なお、視聴者が直接工事を行う場合などでは、助成金は交付されません。資格を有する電気工事業者が施工することが必要になり、視聴者自身が助成金申請をすることはできません。

Q
電波が漏洩してしまう機器はどうやってわかるのでしょうか?
A

A-PABのホームページに「助成金交付対象機器リスト」として公開されています。ブースターや分配器、直列ユニットなど、機器毎、メーカー毎にリストが公表されています。新4K8K衛星放送の右左旋対応アンテナを設置して受信システムを構築する際に、これらリストに掲載されている機器が設置されている場合に助成の対象になります。

Q
電波が漏れないように工事をしてもらいましたが、後から助成金を申請して対策費用をもらうことは出来ますか?
A

今回の助成金制度は、漏洩対策工事などを実施する前に、申請して、工事をしても良いかの交付決定を受けてからでないと助成金は受け取ることは出来ません。また、助成金申請は、A-PABに登録した電気店や工事店が施工することが必要で、登録業者以外の方が施工されても助成金は交付されません。
必ず、事前申請が必要ですし、登録業者がその申請を代行して実施するスキームになっています。したがって、後から助成金の申請を行うことは出来ません。(助成金は受け取れません)

Q
助成金はどのくらいいただけるのでしょうか?
A

電波が漏洩してしまう機器の部品代とこの部品を交換するための工事費の一部を助成する仕組みです。この金額は、対策が必要な部品毎に決められており、この制度に従事する登録業者さんはその対策部品毎の助成金額は公開されており、ご理解頂いております。
実際に助成される金額は、現在の受信システムの中に電波が漏洩してしまう機器や部分がどれだけあるのかによって異なりますので、詳細はお近くの登録電気店(登録電気店はA-PABのホームページをご覧ください)にお問合せください。
なお、電波が漏洩してしまう機器の中でも、助成対象外の機器もありますし、新4K8K衛星放送のアンテナは助成対象外になりますので、良くご確認いただくようお願いいたします。

Q
電波漏洩対策や助成金制度について詳しく聞きたいのですが?
A

電波漏洩対策や国の助成金制度などについて詳しく知りたいのであれば、「電波漏洩対策コールセンター」へお問合せください。
平日の9時~17時。全国どこからでも市内通話料金で通話が可能なナビダイヤルです。
電波漏洩対策コールセンター 0570-048-068
(土日祝日、12月29日~1月3日はお休み)