電波が漏れると違法になる?電波漏洩対策について

『電波が漏れる』とどうなる?

電波が漏れない機器に交換すると

4K8K対応アンテナを設置し、宅内受信設備に電波が漏れる機器を使用していると
Wi-Fiや電子レンジと電波干渉し、4K8K衛星放送の映りが悪くなるおそれがあります。

電波が漏れた状態は違法となります!

衛星放送用受信設備からの漏洩(ろうえい)電波は、電波法により定められており、
電波が漏れる受信設備は"違法"となります。

※電波法無線設備規則第24条第30項:周波数帯:2224.41MHz~3223.25MHz電波の限度:任意の33.7561MHzの帯域幅における平均電力が-49.1dBm以下の値
附則平成30年4月1日から施行する。

電波を漏らさない対策とは?

電波が漏れない機器へ交換してください。
これにより全ての4K8K衛星放送を受信できます。

受信機器の一例紹介

交換機器例

電波漏洩対策リーフレット

こちらからダウンロードできます。ご自由にお使いください。

電波漏洩対策リーフレット

電波を漏らさない対策は他にも幾つか方法があります。

詳しくは、A-PABの『新4K8K衛星放送コールセンター』まで、お気軽にご相談ください。

新4K8K衛星放送コールセンター 0570-048-001
TOPへ戻る
スクロール

新4K8K衛星放送
コールセンター

一般の方々からのご質問に加え
マンション管理に携わる方々からの
様々なご相談も承ります。

新4K8K衛星放送コールセンター 0570-048-001
  • 視聴するには?
  • 自宅ではどうすれば良いの?
  • マンションに導入するには?
  • 工事は要るの?

WEBで視聴方法を24時間いつでも簡単に診断できる
かんたんチェックもご用意しております。

簡単チェックはこちらから