• 新4K8K衛星放送
  • 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

4K・8Kロードマップ

総務省は、2015年7月に「4K・8K推進のためのロードマップ」(改訂版)を公表しました。ロードマップでは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に「4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいる」ことなどを目標としています。

2017年1月に本放送の認定を受けた放送事業者は以下のとおりです。

  • BSで4K・8K本放送を行う放送事業者
    4K:
    NHK、(株)ビーエス朝日、(株)BSジャパン、(株)BS-TBS、(株)BS日本、(株)ビーエスフジ、SCサテライト放送(株)、(株)QVCサテライト、(株)東北新社メディアサービス、(株)WOWOW
    8K:
    NHK
  • 110度CSで4K放送を行う放送事業者
    4K:
    (株)スカパー・エンターテイメント(チャンネル数:8)

4K・8Kサービス予定
[画像をクリックするとPDFが開きます]

Get Adobe Acrobat Reader

PDFをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無料で配布されています。