• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

新4K8K衛星放送開始半年前セレモニー開催 各局社長意気込みを語る

一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は6月1日「新4K8K衛星放送開始半年前セレモニー」を東京・港区のホテルで開催し、来賓の挨拶に続いて、12月1日からBSと110度CSで4K・8K放送を開始する放送局の社長、代表が意気込みを語りました。

セレモニーには野田総務大臣はじめ総務省幹部、4K8K推進キャラクターの深田恭子さん、放送事業者、テレビメーカーなど4K・8K放送に関わる団体、関係者、A-PAB会員ら620人が出席しました。

写真

冒頭の野田聖子総務大臣の挨拶に続き、NHKの上田良一会長、民放連の井上弘会長、JEITAの安木成二郎AVC部会代表がそれぞれ挨拶に立ちました。

野田総務大臣のあいさつ

「放送事業者のみなさまは、放送開始に向けた準備を着々と進めておられることと存じます。また一部のメーカーからは、新4K8K衛星放送の受信機能を内蔵した4Kテレビや対応チューナーの発売計画が公表されています。その一方で、現在市販されている4Kテレビだけでは、新4K8K衛星放送の視聴は出来ず、対応チューナーや場合によってはアンテナの交換などが必要になることなどをご存じない方が多数いらっしゃいます。国民視聴者に混乱が生じないよう丁寧な説明と周知徹底をお願い致します。また、どんな番組を視聴できるのかなど放送に関する周知広報は、衛星波や地上波などテレビによる積極的な取り組みをお願い致します。新4K8K衛星放送の円滑な開始、普及はこの半年の取り組みに掛かっていると言っても過言ではありません。集中的な取り組みをお願いします。総務省としても皆さんと一丸となって取り組んで参ります」

写真

野田総務大臣

NHK上田会長のあいさつ

「12月1日、NHKはNHK BS4Kと世界で初めての8K放送となるNHK BS8Kの2つのチャンネルを立ち上げます。BS8Kでは、イタリアからの生中継をお届けします。超高精細映像と臨場感あふれる音響によって至福の体験をお楽しみ頂きたいと思っています。また、BS4Kでは、4K放送としては初めて南極から生中継を行います。目の前に広がる圧倒的なスケールの南極の光景をリアルにお届けします。このほかBS8Kでは、ウィーンフィルによる第九の演奏など、最高品質の映像と音響を堪能出来るコンテンツをご用意します。BS4Kでは、大河ドラマをはじめ幅広いジャンルの番組を編成し、新たなテレビの魅力を提供します。2年後の東京オリンピック・パラリンピックでは、4K・8K放送で視聴者の皆様にスペシャルな感動と体験をお届けし、本格普及を目指します。どうぞご期待下さい」

写真

NHK上田会長

民放連 井上会長のあいさつ

「BS民放各社では、開局に向けてマスター設備の構築や番組編成の準備など、正に佳境に差しかかっていると思います。カメラや照明などには、これまでにない工夫や配慮をしていただき、4Kの魅力を存分に活かした番組制作に取り組んで欲しいと思います。また、車の両輪の、ソフトの相方であるテレビについても既にチューナー内蔵型の発売アナウンスがあるなど、各メーカーが積極的に製造、販売の準備をなさっていると伺っております。視聴者の皆様に新しいメディアを受け入れて頂ける様に、メーカーも放送事業者もしっかりと前を見て進んで行ける状況になったものと思います。衛星放送で4K・8K放送を行うことによって、我が国の4K放送のマーケットが着実に伸びて行き、将来的には先行している諸外国を上回る普及が期待出来ると思っております。新4K8K衛星放送の開始に向けて、総務省とメーカー各社、そして放送事業者がこれまで以上に緊密に連携して行く事で、新しい放送メディアが順調に立ち上がることを祈念しています」

写真

民放連 井上会長

JEITA AVC部会代表 東芝映像ソリューション 安木副社長のあいさつ

「1960年にカラーテレビ放送が開始され、その普及に拍車を掛けたのが1964年の東京オリンピックでした。また衛星放送は、1984年に試験放送が始まり、その後も進化を続けて2000年には、BSによるフルデジタルハイビジョンの放送が開始されました。それから18年、いよいよ今年の12月に、新4K8K衛星放送の本放送が開始となります。この本放送開始に向けて、国、放送業界様、販売店様、機器メーカーが互いに協力しあいながら着実に環境整備を進めて参りたいと存じております。 機器メーカーとしましては、テレビやチューナーなどの開発に最優先で取り組み、出来るだけ速やかにお客様へ提供できるように努めて参ります。4K・8Kの最先端の技術を余すことなく駆使し、放送事業者様がご提供して頂ける高品質なコンテンツを視聴者のみなさまへお届け出来るよう全力で尽くしたいと思っています。残り半年となった時間を有効に活用し、新たな時代の幕を開けられますことを期待申し上げます」

写真

JEITA AVC部会代表 東芝映像ソリューション 安木副社長

セレモニーでは12月1日から新4K8K衛星放送を実施する局の社長や代表者11人が、新たな放送に対する意気込みや決意をそれぞれ次のように表明しました。

NHK 坂本忠宣専務理事

「NHKは、2つの新しいチャンネル、BS4KとBS8Kをスタートさせ、今までなかったような感動や興奮をお届けします。BS4Kは、大河ドラマなどNHKの選りすぐりの番組の数々を、4K画質でパワーアップして制作します。週末には4K独自の大型特集番組も放送します。BS8Kは、世界一の画質と音響を誇り、ヨーロッパに1年間8K中継車を派遣して舞台やコンサート、美術、スポーツ、紀行番組を制作することを始め、宝塚や紅白歌合戦なども制作して未知の体験をお届けします」

写真

NHK 坂本忠宣専務理事

BS朝日 菊地誠一社長

「BS朝日ではすでに4Kで撮影した番組をいくつか制作しています。美しい日本の風景を見せながら、童謡や唱歌を紹介する「子供たちに残したい美しい日本のうた」と一流店の究極の料理を4Kで見せる「土井善晴の美食探訪」です。また、「新にほん風景遺産」という番組では、テレビ朝日系列局と共同で4K制作に取り組んでいます。また今後スポーツの生中継にも取り組んで行こうと考えています。さらに4K制作番組を増やしていき、視聴者の皆様に感動していただける番組作りに取り組んで行きます。」

写真

BS朝日 菊地誠一社長

BS-TBS 星野誠社長

「弊社では『伊勢神宮(奉納全国)花火大会』、『長岡まつり大花火大会』、『諏訪湖(祭湖上)花火大会』といった日本屈指の3つの花火大会を生中継しますが、今回はこれらをすべて4Kで収録して12月1日になったら早速4Kで放送したいと思っています。それだけでなく、弊社の看板番組「吉田類の酒場放浪記」を先日4Kで収録しました。生ビールの泡の細かさや焼き鳥のたれが炭火にぽたぽた落ちる音など、まさに目の前に置かれているようで今後キラーコンテンツになればよいなと思っています」

深田恭子さん

「その番組、大好きなんです。吉田類さんが高画質で見られるんですね」

写真

BS-TBS 星野誠社長

BSジャパン 石川一郎社長

「BSジャパンは、地上波のテレビ東京と一体となって制作をしており、これまでに時代劇やドラマで既に4Kのコンテンツをかなり揃えてきています。12月以降3波一体の形でやって行きたいと思っています。それからテレビ東京は今、卓球に熱心に取り組んでいます。2020年に向けていろいろなスポーツも積極的にやっていきたいと思っています。さらに、日経グループと連携した経済ニュース、月~金で放送中の「日経プラス10」も12月から4K放送します。ご期待ください」

写真

BSジャパン 石川一郎社長

BSフジ 亀山千広社長

「BSフジは超ライブ、超リアル、超オリジナルを3本柱に番組をお届けしようと思っています。超ライブはスポーツ中継や音楽ライブ、看板番組のプライムニュースも4Kで放送して臨場感をお伝えしたい。超リアルは食の質感、芸術、自然などをより高精細でお見せしたい。そして超オリジナルはドラマを是非やっていきたい。ドラマは興奮の高画質で、煌めく感動、この4つのKをお届けしたいなと。深田さんも出演していただきたいです」

深田恭子さん

「あまり高画質だと映る方は心配なんですけど」

亀山社長

「大丈夫。今日も、きれいだ、恭子が、かわいい。この4つのKで撮らせていただきます」

写真

BSフジ 亀山千広社長

東北新社メディアサービス 木田由紀夫社長

「映画エンタテインメントチャンネルという名前の通り、ハリウッドの映画はなるべく大きな画面で4Kの特色を見ていただきたいと思います。クラシック音楽や庶民的な囲碁と将棋もやります。クラシック音楽は、ヨーロッパの古い建物も含めて素晴らしい演奏が楽しめると思います。囲碁とか将棋は日本の古い旅館やお城で対局がされるので楽しんでいただけると思います。是非よろしくお願いいたします。」

写真

東北新社メディアサービス 木田由紀夫社長

SCサテライト放送 佐々木良太社長

「"ショップチャンネル"は、365日、生放送が生み出す"ショッピング エンターテインメント"です。司会進行役のキャストと商品を熟知したゲストのライブ感あふれる掛け合い、リアルタイムの注文状況・在庫情報などをタイムリーに伝える生放送だからこそお客様の声を織り込んで番組を作って行きます。また「日本を見つけよう」という番組で各地の歴史、文化、景勝地をよりきれいにお届けできます。4K放送で商品の魅力をよりビビッドに視聴者の皆様にお伝えできると思っています」

写真

SCサテライト放送 佐々木良太社長

QVCサテライト 内田康幸代表取締役

「私たちは12月1日から4Kの HDR で放送開始します。そのためにスタジオのカメラから放送機器一式を全て4K対応のものに変えました。また、この夏にスタジオのセットも全部4K対応に変える予定です。大変な投資になりましたがその価値はあると思っています。ステーキを焼くシズル感、ダイヤの輝き、服の繊維や色味がほんとにリアルに再現できます。今までとは違う次元のショッピング体験を提供致します。365日、24時間、生放送でいつでもやってます。是非4K QVCをご期待下さい!

写真

QVCサテライト 内田康幸代表取締役

スカパー・エンターテイメント 古屋金哉社長

「スカパーは2014年から4K放送に積極的にかかわり、これまでにプロ野球やサッカー、音楽ライブ、自主制作ドラマをお客様に提供してきました。12月からスカパー・エンターテイメントは8つのチャンネルを開局します。まずスポーツ専門チャンネルのJスポーツが4chあります。映画は洋画と邦画の2chがあり、邦画はスカパーで人気のある時代劇チャンネルとミックスして提供します。弊社独自チャンネルであるスカチャンは2つありますが、ひとつは映画や大型スポーツイベントなどをペイパービューで提供する予定です」

写真

スカパー・エンターテイメント 古屋金哉社長

BS日テレ 吉田真社長

「放送体制の進捗状況を総合的に判断して、来年の12月スタート予定としました。万全を期したいと思います。4K放送にふさわしい様々なコンテンツを研究中です。ご期待下さい。ただ4Kの周知広報に関しては、今年12月に開始する放送局さんと一緒に、仲間外れにならないようにPRさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします」

写真

BS日テレ 吉田真社長

WOWOW 田中晃社長

「WOWOWは2020年12月に、各局様のご努力で少し普及が進んだところで開局させていただこうと思っています。各局様の良いところをたくさん勉強させていただき早く追いつきたいと思います。コンテンツとしてはテニスなどのスポーツ、音楽ライブ、映画などを考えています。それから看板番組であるオリジナルドラマ。深田恭子さんにもかつてご出演いただき、その節は大変ありがとうございました。ドラマは既に何タイトルかは4Kで制作しておりまして、更に力を入れて取り組んで行きます。またご出演よろしくお願いいたします」

写真

WOWOW 田中晃社長

セレモニーでは、以上の新4K8K衛星放送を実施する放送局のチャンネルロゴPDFファイルを開きますが公表され、併せてこのロゴを表紙に記載した全国配布用のリーフレット6月版PDFファイルを開きますがセレモニー出席者にも配られました。
また、左旋の電波を受信して新4K8K衛星放送を視聴する際に、電波が漏れる可能性があることなどの注意事項について説明が行われました。この障害を防ぐための改修工事に対して経費の一部を助成する国の助成金制度が開始されたこと、その問合せ先となる電波漏洩対策コールセンター新しいウィンドウで開きますが紹介されました。

セレモニーでは、野田総務大臣と深田恭子さんがそれぞれ出演するPR動画新しいウィンドウで開きますが上映され、この映像が全国の家電量販店で上映されていることが紹介されました。

最後に主催者であるA-PAB福田理事長が次のように挨拶しました。
「最後になりましたが、主催者を代表してご挨拶申し上げます。本日は野田大臣、坂井副大臣、NHKの上田会長、民放連の井上会長をはじめ沢山のご来賓の方々に来ていただき半年前セレモニーを盛大に行う事が出来ました。誠にありがとうございました。さきほど11人の放送事業者代表の方々に12月以降の決意や取り組みについて非常に熱心に語っていただきましたので、モヤモヤしていたものが少しずつ晴れて来た気がします。また、メーカーのみなさんも受信機やチューナーについて、発売の具体的計画を示されつつあるので、これも先行きが見えて来たという気がしております。
野田大臣からはいくつも課題をいただきました。誠実に取り組んで参りたいと思います。これから半年後ですが、日数にして183日、夏休みを挟むとあっという間で、3か月しかないという覚悟でやって行かなければなりません。A-PABはこれまで同様、主役の放送事業者やメーカーの方々の下支えをしてまいります。
深田恭子さんは4K8Kの推進キャラクターにはピッタリです。4K8Kは四苦八苦ではなくて楽しい4、8だと思います。2もありますので、放送は2、4、8です。技術革新の塊であるテレビがお茶の間に回帰するという信念を持って2018年の12月1日を迎え、更には2年後の東京オリンピック・パラリンピックについても準備をして行きたいと思います。報道陣の方々には、より一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。
本日はこのようなセレモニーを開催できてよかったと思っております。本当にありがとうございました」

写真

A-PAB福田理事長

以上で「新4K8K衛星放送開始半年前セレモニーは終了しました。