• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

A-PAB臨時総会開催

 3月28日午後2時より「一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)臨時総会」が明治記念館(港区元赤坂)で開催されました。新4K8K衛星放送が始まるおよそ8か月前での臨時総会となりました。
 会員の出席状況は、議決権を有する正会員262団体のうち116団体が出席、議長委任が38団体、書面による表決参加が63団体で、合計217団体の参加となりました。

【会場風景】

 審議に先立って福田俊男理事長が挨拶に立ち、次のように述べました。
「NexTV-FとDpaが一緒になりA-PABとなって丸2年となりました。いよいよ8か月後の12月1日には新4K8K衛星放送が始まります。本放送開始半年前の6月1日、その他を含め準備を進めておりますので、その節にはご協力いただければと思っています。
 先ごろ一部のBS社を訪問し、本気で取り組んで下さいと申し上げようと思いましたが、実は各社とも随分準備をされている状況が分かり、実施に向けての手応えを感じました。
 その一方で受信機の普及はまだまだで、JEITAさんの予測によりますとオリンピックを迎える2020年でも20%台の普及に留まるのではないかという数字が出ております。しかし、こういう時こそチャンスであり、さまざまな機会を捕えて鋭意普及に取り組んで参りたいと思っております。
 このように当事者の皆さんはしっかり取り組んでおられますが、実はローカルの放送局の皆さんにとりましても制作力を上げて行く新たなチャンスになると前向きに捉えていただければと思います。
 これから私は5社の受信機メーカーも訪問して、なるべく早く受信機を見える形で示して頂ければとお願いに参るつもりです。これまではコンテンツが先だとか、いや受信機を早く見せてくれと言う議論がありましたけれど、もうそういう時期ではありませんので、関係者こぞって邁進して参りたいと思います。
 放送の歴史は技術革新の歴史であり、今回の4K8Kは衛星放送ですが、放送業界全体の未来がいろんな形で議論されている折ですので、業界全体で取り組んで行く良い機会です。
 本日の臨時総会をキックオフとして、本放送開始半年前にあたる電波の日の6月1日や6月の総会等を含めて、折々私どもも取り組んで参りますのでご支援を頂ければと思っております。
 付け加えて申し上げますと、昨年12月1日に新4K8K衛星放送の総合ロゴを発表させて頂きました。先々週はJEITAさんの方でも機能ロゴを発表されておりますので、両方のロゴを上手く使い分けながら、あるいは合体させながら普及に邁進できればと思っております」

【A-PAB 福田理事長】

続いて、議長に株式会社テレビ朝日の川口忠久氏が選出され、議事録署名人には株式会社TBSテレビの龍宝正峰氏、東芝映像ソリューション株式会社の山口孝一氏がそれぞれ指名されて議事に入りました。

【川口議長】

【写真中央 川口議長
(テレビ朝日)】

まず報告事項1として「2018年度事業計画および収支予算について」の報告が行われ、事業計画については土屋円専務理事、石田昭彦常務理事、木村政孝理事が以下の様にそれぞれの担当分野を説明しました。


【A-PAB 土屋専務理事】

土屋専務理事
「はじめに」と「放送サービスの高度化にかかわる技術仕様の実用化に向けた実証および所要の期間の試行的な放送等」のうち【BSによる4K・8K試験放送の実施】と【東経110度CSによる左旋円偏波試験放送の開始】「放送サービスの高度化/地上・衛星デジタル放送にかかわる開発、普及、利用促進、周知広報」のうち【新4K8K衛星放送の左旋受信環境整備の推進】「4K・8K等の技術基盤を用いた、新たな産業・文化の創成への貢献にかかわる業務」「その他、本協会の目的を達成するために必要な業務」

石田昭彦常務理事
「放送サービスの高度化/地上・衛星デジタル放送にかかわる開発、普及、利用促進、周知広報」のうちの【放送サービスの高度化の理解および普及促進を目的とした情報の発信】【地上・衛星の2K放送サービスへの対応】「新たな放送技術を用いたコンテンツの制作環境の高度化と浸透に向けた業務」「地上テレビジョン放送番組の著作権保護に関する関係事業者等との連絡、調整、契約にかかわる業務」

木村政孝理事
「放送サービスの高度化(4K•8K等)/地上・衛星デジタル放送にかかわる技術仕様の検討、検証、評価等」「放送サービスの高度化にかかわる技術仕様の実用化に向けた実証および所要の期間の試行的な放送等」のうち【新4K8K衛星放送のテストセンター業務への対応】「BS放送のエンジニアリングストリームの衛星基幹放送業務ならびに地上テレビジョン放送のエンジニアリングサービスの運用および関係事業者等との連絡、調整、契約にかかわる業務」「会員向けサービス」

【A-PAB 石田常務理事】

【A-PAB 木村理事】

また、収支予算については土屋専務が報告し、「2018年度事業計画および収支予算について」は了承されました。
引き続き、第1号議案「定款の運用及び会費等に関する規定の一部変更について」の審議に入り、土屋専務が内容を説明したのち承認されました。
これをもって臨時総会は終了しました。