• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

コピー制御とダビング10について

コピー制御について

テレビ番組は著作権で守られています。
録画したテレビ番組を個人で楽しむ限りは問題ありませんが、許可なくダビングして他人に配ることは著作権法に違反します。テレビ番組が不正にダビングされて出回るようなことになれば、番組の制作者や出演者などの権利が著しく侵害され、良質な番組の提供に支障をきたすことになります。
こうしたことを防ぐため、デジタル放送には、ダビング10などのコピー制御がかけられています。

ダビング10について

デジタル放送の録画、ダビングについてのしくみ「ダビング10」は、NHKと無料民放で運用しています。 「ダビング10」では、録画機からDVD、ブルーレイディスク、メモリカードなどリムーバブルメディアへの コピーが9回まで可能です。10回目はムーブとなり、記録した元の放送番組は消去されます。

その他、詳しくは「よくある質問」をご覧ください。
※対象機器や録画の操作方法は、各機器のカタログや取扱説明書をご確認ください。

ダビング10などコピー制御に関するお問い合わせは・・・

コピー制御お問合せセンター
TEL:0570-000-288
IP電話等、ナビダイヤルがつながらない方は、045-345-0504
受付時間:10時~20時

B-CASカードの故障や紛失に関するお問い合わせは・・・

B-CASカスタマーセンター
TEL:0570-000-250
IP電話等、ナビダイヤルがつながらない方は、045-680-2868
受付時間:10時~20時

● コピー制御(RMP)について:よくあるご相談内容
Q:「テレビが視聴できません。どうしたらよいでしょうか?」
A:解決へのヒントがあります。

B-CASカードは、購入されたデジタルテレビ・受信機に付いています。