• 新4K8K衛星放送体感キャンペーン
  • 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • 総務省 衛星放送用受信環境整備事業 中間周波数漏洩対策事業
  • 衛星放送用受信環境整備事業に関する講習会(電波漏洩対策に関する講習会)
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて
  • 新4K8K衛星放送コールセンター

A-PAB 記者発表会で新4K8K衛星放送の開始時刻は
12月1日午前10時と公表

A-PABの記者発表会は10月16日千葉県千葉市の幕張メッセで、電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で出展しているCEATEC JAPAN 2018のブース内で行われました。冒頭、4K8K推進キャラクターの深田恭子さんのビデオメッセージが上映され、新4K8K衛星放送が12月1日の午前10時にスタートすることが公表されました。9つの放送局による17のチャンネルが一斉に放送を開始します。


【A-PAB / JEITA ブース(幕張メッセ CEATEC JAPAN 2018)】


【A-PAB 記者発表会】

【4K8K推進キャラクター深田恭子さんのビデオメッセージ】

続いて挨拶に立ったA-PABの福田俊男理事長は次のように述べました。
「新4K8K衛星放送の開始時刻は、ただ今もありましたように12月1日午前10時からと決まりましたので、まずご報告いたします。2000年のBSデジタル放送、2003年の地上デジタル放送、いずれも12月1日の午前10時に開始いたしました。今回は3回目として、新しい放送がまた同じ時刻にスタートすることになります。
放送と言うのは技術の革新の連続でありました。この会場では有機ELや液晶の4Kチューナー内蔵テレビが並んでおります。さらに外付けのチューナーやチューナー付きの録画機も展示され、4K受信機が初めて勢ぞろいした格好になっております。
放送開始まであと46日となり、A-PABとしても量販店を中心に各種の映像やリーフレットで案内して参りますが、まだ放送がありませんので、浸透が不十分であろう思っております。メディアのみなさまのお力添えで一斉に機運を盛り上げて『別世界』をスタートさせて頂ければと思います」

【A-PAB 福田俊男理事長】

次に12月1日から放送される主な4K・8K番組を掲載した「番組ガイド」が報道陣に配られ、初めてまとまった形で具体的な番組名が公表されました。これと並んで、4K・8K番組の各社の番宣ビデオも上映されました。番組ガイドと番宣ビデオは10月下旬までに全国の家電量販店に配布されるスケジュールが示されました。
また、10月20日頃から放送される深田恭子さんの新しいスポット「もうすぐですよ編」と「説明編」が放送に先立って記者団にお披露目されました。
受信機のコーナーでは、5社の4Kチューナー内蔵テレビ、8社の4Kチューナー、3社の4Kレコーダー、さらには8Kテレビが展示されました。この他、新4K8K衛星放送の受信システムと電波漏洩対策、ケーブルテレビでの受信方法などが報道陣に説明され記者発表会は終了しました。

【番組ガイド】


【深田恭子さん新作スポット】


【4Kチューナー内蔵テレビ】


【4Kチューナー】


【4Kレコーダー】


【8Kテレビ】


【新4K8K衛星放送の受信システム】


【電波漏洩対策】


【ケーブルテレビでの受信方法】