• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

ご挨拶

福田理事長

福田 俊男

当協会「放送サービス高度化推進協会(A-PAB)」は、放送がアナログからデジタルに移行するにあたって中核的な役割を担った「デジタル放送推進協会(Dpa)」と4K8Kなど放送の高度化を推進してきた「次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)」が統合して2016年4月1日に発足しました。
新団体の名称からも分かるように、当協会の役割は、ひとことで言えば放送の高度化、さらには放送に関連するサービスや産業の高度化を推進し、公共の福祉の増進と国民生活の向上に資するというものです。
2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。その先へ続く数年間が、放送の高度化や関連サービスの本格的な普及期と期待されています。
今後約10年間、放送の高度化に大きなエネルギーが注がれることになるでしょう。当協会がその推進役を担えればと思っています。
総務省が2015年7月に公表した4K8Kに関する「ロードマップ」によれば、東京オリンピック・パラリンピックの頃には、4K8K放送が普及し多くの視聴者が市販のテレビで4K8K番組を楽しんでいるというイメージが描かれています。
そこに至るために、2016年12月1日からBSでの4Kおよび8Kの試験放送を開始いたしました。
2017年4月1日からは、衛星の左旋円偏波というこれまでわが国では使われたことのない電波によるCS試験放送を始めました。
そして2018年12月からは右旋も左旋も使ってのBS・110度CSによる4K・8K本放送が始まる予定です。
4K8K放送は既にケーブル、光通信、IPTV、CSで実用化されており、今後はBS、CSの左旋へと広がって行きます。
それぞれの段階で受信機器等の仕様決定を支援すると同時に視聴者が混乱なく4K8K放送を楽しめるよう丁寧な周知広報に努めて参ります。
放送サービス高度化推進協会をどうぞよろしくお願いいたします。