• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

悪質商法にご注意ください

悪質商法にご注意ください!!

地デジ化完了前には、地デジの準備に関連した悪質商法の事例が、残念ながら報告されていました。
それらの多くが、テレビの調査会社やアンテナ工事業者を装って、地上デジタル放送を受信するための費用を不正に請求したり、不当な工事を勧誘するもので、皆さんには地デジの準備に関しての正しい情報と、悪質商法への対策や報告された事例についてもお知らせして、注意を呼び掛けておりました。

地デジ化が完了した現在は、地デジの準備に関する悪質商法ではなく、新たな手口が予想されます。以下に、想定される手口やこれまでの事例について掲載しておりますのでご覧いただき、身近な方々と互いに声を掛け合って頂いて、悪質商法の被害に遭わないようご注意ください。


ここに注意してください!

現在、電波の有効利用に向けて進められている「チャンネル変更」「リパック」に関連した悪質商法や、2015年3月末の「デジアナ変換終了」に関連した悪質商法が予想されます!

例えば

  • 『「チャンネル変更」「リパック」が必要な地域には負担金がある』と言って金銭を要求する。
  • 『「チャンネル変更」「リパック」の調整・点検』と偽って家に上り込む(窃盗注意!)
  • 『デジアナ変換が終了するので工事や機器の取り付けが必要』などと言って工事費を請求したり、不要な機器を売りつける。
  • 『デジアナ変換の終了に関連して「無料の点検」や「無料の調整」』と言って家に上り込んで、言葉巧みに信用させてから、最終的に工事や機器の購入を迫る。』
  • 『○×ケーブルテレビから参りました』など、身分を偽って訪問する。

アンテナ工事

・本当に工事は必要ですか?工事費は妥当ですか?
業者からアンテナ工事を勧められた場合、その工事が必要なものなのか、よく確認しましょう。
他の電器店に見積もりを取ってみることも参考になります。
アンテナ工事が終わらないのに、先に費用を請求された場合などは、特に注意が必要です。

架空請求

・アンテナ工事などを依頼しましたか?
地上デジタル放送のアンテナ工事に関して、国や関連の団体が費用を請求することはありません。
意味不明の請求が届いた場合は、そのまま鵜呑みにせず、地域の消費生活センターなどに相談してください。

「本当かな?」「不安だな」と思ったら

悪質商法は頼みもしないのにやって来ます、裏を返せば、ご自身で準備を済ませておけば安心です。特に、「チャンネル変更」「リパック」のお知らせが届いた方や「デジアナ変換」をご利用中の方は、ご自宅の状況や必要な対応についてお早目にご確認ください。

分からないことや、何か不安に思うようなことがありましたら、お住まいの地域のデジサポや消費生活センター(消費者ホットライン0570-064-370※全国統一番号)へご相談ください。

悪質商法の事例

各地域の事例