• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

知っておきたい4K・8Kの関連情報

BS・110度CSで行われる4K・8K放送を視聴するためには、右旋左旋対応のアンテナが必要です。また、分配器、分波器、ブースタ、ケーブルなどの交換が必要となる場合があります。

スーパーハイビジョン受信マーク(SHマーク)について

SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、一般社団法人 電子情報技術産業協会で審査・登録され、一定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークです。

スーパーハイビジョン受信マーク(SHマーク)

「左旋」受信時の注意事項

従来のBS・110度CSアンテナは、右旋放送のみに対応しています。そのため、新しくBS右旋で放送される4K本放送は受信できますが、BS・110度CSの左旋で放送される4K・8K本放送は受信できません。
このため、全ての4K・8K本放送をお楽しみいただくには、右旋・左旋対応のアンテナに交換する必要があります。
また、お使いの分配器、分波器、ブースターも対応機器へ交換する必要があります。
交換にあたりBS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応したSHマーク登録品を推奨いたします。
なお、ご使用のケーブルによっては伝送できない場合があり、交換していただくことが必要になる場合があります。

出典:JEITA