• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

知っておきたい4K・8Kの関連情報

BS・110度CSで行われる4K・8K放送を視聴するためには、右旋左旋対応のアンテナが必要です。また、分配器、分波器、ブースタ、ケーブルなどの交換が必要となる場合があります。

スーパーハイビジョン受信マーク(SHマーク)について

SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)は、BS・110度CS右左旋放送受信帯域に対応した機器のうち、一般社団法人 電子情報技術産業協会で審査・登録され、一定以上の性能を有するスーパーハイビジョン衛星放送受信に適した衛星アンテナ、受信システム機器に付与されるシンボルマークです。

スーパーハイビジョン受信マーク(SHマーク)

BS・110度CSの4K本放送を受信する場合のご注意

  • 2018年に始まるBS・110度CSによる4K・8K本放送は現行の衛星放送とは異なった規格で放送されます。
  • 現在、市販されている4Kテレビや4K対応テレビ※1には、この新しい放送の受信機能は搭載されていないので、そのままでは放送をみることはできません。別途、BS・110度CSによる4K本放送対応のチューナーをご購入頂くことで、お楽しみいただけます。※2、3

今の4Kテレビ゙や4K対応テレビに加えてBS・110度CSアンテナとBS・110度CS対応の4Kチューナー

※1
 HDMI® 端子はHDCP2.2と4K60Hz入力に対応している必要があります。
 HDMIは、HDMI Licensing Administrator, Inc.の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※2
 4Kテレビや4K対応テレビとの接続を事前に確認する必要があります。
※3
 右旋・左旋円偏波対応のアンテナのほか、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。
→機器交換について詳しくは、以下の「左旋の電波を受信する場合のご注意」をご覧ください。

左旋の電波を受信する場合のご注意

現在の放送波(右旋)の4K放送のみ視聴する場合は、ほとんどのご家庭で機器交換などは不要です。※1
一方、新しい放送波(左旋)の放送を視聴する場合は、以下の機器交換などが必要なことがあります。※2
→それぞれの放送事業者は、別表をご覧ください。

左旋の電波を受信する場合のご注意

※1
 現在、放送されているBSの全てのチャンネルを受信できていない場合は交換などが必要な場合あります。
※2
 左旋の電波は、BS・110度CSアンテナで受信した後、従来の放送信号より高い周波数に変換されて宅内の配線で伝送されます。
このため、左旋の放送を視聴するためには、アンテナ交換に加え、高い周波数の信号を伝送できない機器は交換する必要があります。

左旋の電波をアンテナで受信した後、宅内の配線や機器から電波が外部に漏れないように、適切な機器の使用や工事が必要です。

古いブースターの例,心線むき出しの例,壁面端子(裏側)の例

古いブースターや分配器、壁面端子などが使用されていたり、同軸ケーブルの芯線がむき出しになっていると、Wi-Fi等の同じ周波数帯の通信に障害を与えたり、逆に、周囲の信号がそこから漏れ込み、4K・8K放送の受信に影響することがあります。

上記の内容に限らず、現在使用中の機器などの性能・機能によっては、機器交換や工事が必要な場合があります。
また、上記のほかに、今後、衛星放送用受信設備の技術基準(検討中)を踏まえ、機器交換や工事が必要な場合があります。

(別表)4K・8K放送事業者が使用する放送波
画像をクリックするとPDFが開きます
PDFファイルを開きます

Get Adobe Acrobat Reader

PDFをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無料で配布されています。