• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

4Kテレビ、4K対応テレビ

受信機メーカーが参加している団体であるJEITAでは、4K対応テレビの定義を「水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を有する表示デバイスを搭載していること」、「デジタルハイビジョンチューナー内蔵」、「デジタルハイビジョン映像と4K映像信号を表示できる」、「アスペクト比16:9を基本とする」、「60/1.001Hz以上のフレームレートで表示できること」としています。
また、4Kテレビについては、上記に加えて「4K放送をテレビ本体で受信可能(**)」としています。
** ここでは、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)の内、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載していることを指します。

用語一覧へ戻る