• 4K・8Kについて詳しく知りたいかたはこちら
  • A-PAB講演会 法人会員様専用となります
  • 地デジ 放送エリアのめやす
  • ロゴデータについて

FAQ

A-PABでは、視聴者のみなさまからの4K・8Kに関するさまざまなご相談にお応えしています。 このコーナーでは、視聴者のみなさまのご質問にお答えし、4K・8Kについて正しく理解し、4K・8Kを楽しんでいただくことを目的としています。
本掲載内容は、2016年6月時点での情報に基いています。

Q1
4Kとは?8Kとは?
Q2
すでに始まっている「4K放送」や「4K配信サービス」を教えてください。
Q3
BSの4K・8K試験放送は、いつまで行われますか?また、その本放送はいつから始まりますか?
Q4
地上波でも4K・8Kは放送されるのですか?
Q5
今見ている放送がみられなくなるのですか?
Q6
BS・110度CSの4K・8K本放送が始まると、今使っているテレビ、チューナー、アンテナは使えなくなるのですか?
Q7
BS・110度CS4K・8K試験放送は、どの放送事業者が、いつから行いますか?
Q8
BS・110度CSによる4K・8K試験放送の仕組みは?
Q9
BS・110度CSによる4K・8K試験放送は、どのような目的で実施されていますか?
Q10
BS・110度CSによる4K・8K本放送の放送事業者はいつ決まる予定ですか?
Q11
BS・110度CSによる4K本放送を見るにはどうすれば良いのですか?
Q12
BSによる8K本放送を見るにはどうすれば良いですか?
Q13
「4Kテレビ」、「4K対応テレビ」とはどういう意味ですか?
Q14
HDD等に4Kを録画できますか?
Q15
4Kテレビや4K対応テレビでは、今の放送やブルーレイディスク/DVDもキレイに見えるのですか?
Q16
BS試験放送は、どこで見ることができますか?
Q17
A-PABのBS試験放送では、どのような番組が放送されますか?
Q18
A-PABが実施するBS試験放送の放送内容はどこで知ることができますか?
Q19
A-PABのBS試験放送の実施期間は?
Q20
BS試験放送では、字幕放送や解説放送はありますか?
Q21
BS試験放送では、EPG(電子番組表)はありますか?
Q22
BS試験放送の後はどうなりますか?
Q23
既に市販されている4Kテレビ受信機では、なぜ、BS試験放送を見ることができないのですか?
Q24
BS試験放送に対応する受信機はどこで買えますか?
Q25
左旋試験放送はどのようなものですか?
Q1
4Kとは?8Kとは?
A1

フルハイビジョンは横方向が1920画素(約2000=2K)、縦方向が1080画素の約207万画素ですが、4Kは横方向がフルハイビジョンの2倍の3840画素(約4000=4K)、縦方向も2倍の2160画素で、画素数はフルハイビジョンの4倍の約829万画素です。さらに8Kは、横方向がフルハイビジョンの4倍の7680画素(約8000=8K)、縦方向も4倍の4320画素で、画素数はフルハイビジョンの16倍の約3318万画素となり、フルハイビジョンに比べ超高精細で臨場感の高い映像をお楽しみ頂けます。

Q2
すでに始まっている「4K放送」や「4K配信サービス」を教えてください。
A2

■124/128度CS放送(スカパー!プレミアムサービス)

  • スカパー!総合
  • スカパー!映画
  • スカパー!体験

■ケーブルテレビ

  • ケーブル4K

■インターネット

  • ひかりTV 4K(VOD、放送)
  • Netflix(VOD)
  • 4Kアクトビラ(VOD)
  • dTV(VOD)
  • スカパー!プレミアムサービス光(VOD、放送)
  • Amazonプライムビデオ(VOD)

※2016年6月現在。順不同。
※詳しくは各サービス会社にお問い合わせください。

Q3
BSの4K・8K試験放送は、いつまで行われますか?また、その本放送はいつから始まりますか?
A3

BSの4K・8K試験放送は本放送が始まるまで行われる予定です。本放送は2018年末までに始まることが予定されています。

Q4
地上波でも4K・8Kは放送されるのですか?
A4

現在、地上波による4K・8K本放送の具体的な計画はありません。

Q5
今見ている放送がみられなくなるのですか?
A5

地デジ・BS・110度CSの現行放送は引き続きご視聴いただけます。

Q6
BS・110度CSの4K・8K本放送が始まると、今使っているテレビ、チューナー、アンテナは使えなくなるのですか?
A6

現在ご覧になっている放送を受信するためのテレビ、チューナー、アンテナはそのままご使用いただける見込みです。

Q7
BS・110度CS4K・8K試験放送は、どの放送事業者が、いつから行いますか?
A7

日本放送協会(NHK)と放送サービス高度化推進協会(A-PAB)です。

  1. 日本放送協会(NHK)
    「NHKスーパーハイビジョン」2016年8月1日放送開始済み
  2.   
  3. 一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)
    A-PABによる4K・8Kの試験放送は2016年12月1日放送開始
Q8
BS・110度CSによる4K・8K試験放送の仕組みは?
A8

BS・110度CSによる4K・8K放送用に開発された高度広帯域衛星デジタル放送方式を用いて、衛星を介して日本全国に試験放送しています。

Q9
BS・110度CSによる4K・8K試験放送は、どのような目的で実施されていますか?
A9

試験放送は、2018年の4K・8K本放送に向けて、より多くの方に4K・8Kを知ってもらうことや、4K・8Kを受信できる機器の開発促進、4K・8K放送の技術検証などを主な目的として、衛星で試験的に放送しています。本放送で使用される技術的な基盤を、試験放送で使用しています。

Q10
BS・110度CSによる4K・8K本放送の放送事業者はいつ決まる予定ですか?
A10

BS・110度CSによる4K・8K本放送の放送事業者は、2017年春に決まる予定です。

Q11
BS・110度CSによる4K本放送を見るにはどうすれば良いのですか?
A11

これまでの4Kテレビや4K対応テレビに加えて、BS・110度CSによる4K本放送に対応した4Kチューナーがあればお楽しみいただけます。
BS・110度CSアンテナは右旋左旋対応のものが必要になる場合があります。

※1:
右旋左旋対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースタ、ケーブル等に交換が必要な場合があります。
※2:
4Kテレビや4K対応テレビとの接続を事前に確認する必要があります。
※3:
HIGH SPEED(カテゴリー2)に対応したHDMI®ケーブルをご使用ください。
※4:
HDMI®端子はHDCP2.2と4K60Hz入力に対応している必要があります。 HDR信号への対応は、メーカーや機種によって異なります。
※5:
現在販売されている4Kテレビや4K対応テレビには、BS・110度CSによる4K・8K本放送の受信機能は搭載されていません。

HDMIは、HDMI Licensing LLCの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

出典:JEITA

Q12
BSによる8K本放送を見るにはどうすれば良いですか?
A12

今後、発売されます8K本放送に対応したテレビやチューナーをご購入いただければ視聴が可能になります。
なお、衛星受信用パラボラアンテナの交換が必要になる場合があります。

Q13
「4Kテレビ」、「4K対応テレビ」とはどういう意味ですか?
A13

JEITA(※1)のガイドライン「4K・8K映像表示が可能なテレビジョン受信機の呼称について」では、以下のように定義しています。

■4K対応テレビ
(1) 水平3,840画素以上かつ垂直2,160画素以上を有する表示デバイスを搭載
(2) デジタルハイビジョンチューナー内蔵
(3) デジタルハイビジョン映像と4K映像信号を表示できる
(4) アスペクト比(有効画面):【16:9】を基本とする
(5) 60/1.001(≒59.94)Hz以上のフレームレートで表示が出来る
を満たすテレビのこと。

■4Kテレビ
4K対応テレビの (1)~ (5) に加えて
(6) 4K放送をテレビ本体で受信可能(※2)
を満たすテレビのこと。

※1
一般社団法人 電子情報技術産業協会
※2
ここでは、衛星による4K放送、IPTVによる4K放送・配信サービス(ビデオ・オン・デマンド、IP放送、IP再送信)の内、1つ以上の受信機能をテレビ本体に搭載していることを指します。
Q14
HDD等に4Kを録画できますか?
A14

放送事業者が録画を許可する番組であれば、HDD等に録画できる機器もあります。(例:スカパー4K体験、スカパー4K総合)
詳しくは、お使いの機器のメーカーにお問い合わせください。

Q15
4Kテレビや4K対応テレビでは、今の放送やブルーレイディスク/DVDもキレイに見えるのですか?
A15

今の放送やブルーレイディスク/DVDの映像を、高精細な画像に変換し再生する機能*を搭載した4Kテレビ、4K対応テレビであれば、さらに美しく、細部まで4Kの高精細な画質でお楽しみいただけます。

*「アップコンバート」「超解像技術」等の機能名称で呼ばれます。
Blu-ray DiscTM(ブルーレイディスク)、Blu-rayTM(ブルーレイ)は、Blu-ray Disc Associationの商標です。

Q16
BS試験放送は、どこで見ることができますか?
A16

BSの4K・8K受信用のテレビは、まだ市販されていません。全国のNHK放送局やNHK放送博物館、NHK放送技術研究所、NHK放送センターふれあいホールなどに設置された専用テレビで見ることができます。
詳しくは、NHKの各放送局にお問合せいただくか、ホームページ(http://www.nhk.or.jp/shv/)をご覧ください。
試験放送の放送時間は、月曜から日曜まで午前10時から午後5時を原則としています。
ただし、編成上の都合により、放送時間を変更する場合があります。

Q17
A-PABのBS試験放送では、どのような番組が放送されますか?
A17

自然、歴史、エンターテイメント、美術、紀行、スポーツ、音楽など多彩な番組を、総合的に編成して放送します。
試験放送開始当初、A-PAB枠の時間帯では、NHK、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、WOWOW、東北新社の8社が制作した番組をご覧いただくことができます。

Q18
A-PABが実施するBS試験放送の放送内容はどこで知ることができますか?
A18

当月分の放送予定スケジュールは、当協会のホームページ()に掲載します。

Q19
A-PABのBS試験放送の実施期間は?
A19

2016年12月1日から2018年の本放送が始まるまでを予定しています。

Q20
BS試験放送では、字幕放送や解説放送はありますか?
A20

一部の番組で字幕放送や解説放送を行う予定です。現在検討中です。

Q21
BS試験放送では、EPG(電子番組表)はありますか?
A21

EPGをご覧頂けるのはNHK各放送局に設置された専用の8Kテレビのみです。試験放送と同じく、一般のテレビで試験放送のEPGを見ることはできません。

Q22
BS試験放送の後はどうなりますか?
A22

総務省の「4K・8K放送のロードマップ」では、「2018年にBS及び110度CSで4K・8K本放送を開始すること」、「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年には、4K・8K放送が普及し、多くの視聴者が市販のテレビで4K・8K番組を楽しんでいること」が目標として公表されています。本放送は、総務省公表の「4K・8K放送のロードマップ」によると、2018年末までに始まる予定で、可能な限り早期に本放送を開始することが期待されると示されています。

Q23
既に市販されている4Kテレビ受信機では、なぜ、BS試験放送を見ることができないのですか?
A23

現在のBS放送と4K・8K放送では、放送技術の形式が異なるためです。

Q24
BS試験放送に対応する受信機はどこで買えますか?
A24

現時点では市販されていません。本放送に向けて製品化が進められているところですが、詳細は各メーカーや電気店等へお問い合わせください。

Q25
左旋試験放送はどのようなものですか?
A25

2018年の本放送が開始されるまでの間、左旋円偏波を受信するアンテナ等の据え付け施工等にご活用いただくために送出する試験放送です。
受信機は、本放送が開始されるまでに市販される予定ですが、それまでの間は、一般の視聴者がご覧いただくことはできません。

(受信システムを施工される皆様へ)
左旋試験放送は次の通り送出しています。
・衛星      JCSAT-110A
・衛星中継器番号 ND23
・偏波      左旋円偏波
・受信周波数   12.711GHz
・中間周波数   3,206MHz(同軸ケーブル内IF周波数)